冠水車 買取

水没して復活したのに動かなくなった・・・

先日岡山と広島に大型台風が来た時に、西日本豪雨で僕の愛車のアルファードが水没してしまいました( ゚Д゚ )

 

取引先の近くのガード下の道路が冠水していて、僕の家の駐車場も水が車のドアの半分ぐらいのところまで来ていて冠水でした。冠水車 買取

 

僕の車は壊れてしまって動けなくなってしまったわけではないんですが、修理業者に相談したたことろ電気系統が壊れてしまっている状態のため100万円以上かかるとのことでした。

 

水没車や冠水車の定義は車の下の部分まで水で浸ってしまった場合に水没扱いされるそうです。

 

マフラーに水が入っただけだったら、水を抜いて修理に出せば5〜50万円ぐらいが修理額になるみたいですが、僕の車はシートの上まで水が来てしまったので冠水車という扱いになりました。

 

エンジンオイルや泥水の臭いですごく臭くて、とてもじゃないですが、修理に出して高いお金を払ってまた乗ろうって感じじゃなかったんですよ。
それに、冠水車はエンジンをもう一回入れると感電して危険ですからねえ。

 

水没車の修理費用はどこまで浸水したか(どの部品が水に浸かったか)によって大きく変わってきます。

 

大まかな目安としては、シート下までの浸水の場合は25万円以上、シートの上まで浸水した場合は50万円以上は必要になってきます。
電気系統やエンジンやトランスミッションまで被害が及ぶと一気に修理代金が跳ね上がります。

 

どうしたモンかなと思ってたんですが、会社の先輩に聞いてみたら廃車にするんじゃなくて、買取をしてみてはとのこと。
事故車や水没車・冠水車でも高額査定がでる車買取やさんで買取をしてもらうといいよって教えてもらえて、
廃車にするつもりだったのがお金に換えるこができて大変助かりました(´ー`)

 

 

冠水車はどう処分したらいい?売る?

 

結論から言えば、「冠水車」「水没車」は修理せずに、廃車・事故車の買取業者に売る方が良いです。

 

廃車にするとお金がかかるし、少しでも高く買い取ってもらえるなら助かるなと思って買取を依頼したんですが、
そうしたら、走行距離が少なかったので、結構高い金額で買い取ってもらえて、5万円ぐらいでした。

 

以下では僕が査定に依頼を出してみて使いやすくて高額査定が出た業者をまとめています。

 

一つ目で高額査定が出ても、いくつかの会社に査定を依頼したほうが高く買い取ってもらえました。

 

業者一覧

  • カーネクスト

 


最終的にココが一番高くてココで買取してもらいました。

 

入力項目がメーカーと車種だけでいいので凄い簡単に査定が出せました。
走行距離が5万キロ以下なら、1万円の上乗せがあります。

 

プロの専門スタッフが年中無休で電話対応してくれるのが安心でした。

 

事故や故障、水没、不動、廃車予定どんな車でも買い取り保証があります。
年度の途中で買取の場合は自動車税の還付を受けることもできます。

 

>>カーネクストで査定をしてみる

 

  • 廃車本舗

 

 

この業者でも査定額を出してもらいました。
初めての廃車でも手厚いサポートがあります。

 

廃車に関わる面倒な手続きは廃車本舗が全て代行してくれるので安心です。

 

買取・廃車専門のスタッフが一貫して廃車をサポートしてくれすので、スムーズな買取が可能です。

 

>>廃車本舗で買取査定をしてみる

 

  • カービュー

 

 

こちらのカービューでも査定を出してみました。

 

水没した車でも、グシャグシャでも、ボロボロでも大丈夫です。

 

カービューでは200社以上の会社から査定を受けることができます。
カービューでは使えるパーツを課取り出して海外に販売するので事故車や動かない車でも買い取ってくれます。

 

それに、修理して再販できる車は高くうれるそうです。

 

入力は1分で終わりますし、査定会社の口コミ情報を調べて最大8社に査定を一括で依頼できます。

 

 

>>カービューで査定をしてみる

  • 廃車ひきとり110番

 

 

廃車手続きから、還付金の書類手続き、引き取り手続きまで全部代行してくれます。
レッカー費用から、車の廃車手続きの費用まで全て無料でできます。

 

車の写真を撮ってLINEで送るだけで無料査定を受けることもできます。

 

必要な項目は、車名、年式、車検満了月、走行距離、自立走行の可否などを入力すればOKです。

 

こちらの買取業者も、低年式、過走行車、事故車、故障者、水害車など何でも買い取り対象です。

 

>>廃車ひきとり110番で査定をしてみる

 

 

  • TAU (タウ)

 


この業者は水害者売却シュミレーターというのがあって、20秒ぐらいで簡単に査定ができました。

 

タウは事故車や水没車の買取では有名な会社で、全国無料出張して査定をしてくれます。
車の引き取りも車両運送トラックで家まで来てくれるので簡単です。

 

 

>>タウで冠水車の査定をしてみる

 

【業者の買取対応地域】
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知 三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄県

水没してしまったクラウンの買取

八木に住んでいる会社員です。今年の夏の台風でうちのクラウンが水没してしまいました。

 

通勤で使っていたんですが、昼休みが13時に終わる頃には道路が川のようになっていました。
会社の駐車場の車もほとんどが冠水してしまっていて、ガード下の冠水路とかすごいことになっていました。

 

水が溢れ出していて、あちこちでマンホールも取れてしまっていました。

 

クラウンは乗って8年ぐらい経つんですが、シートの上のフロアまで水が入り込んでしまって、マフラー内部やエンジン部分にも水が入り込んでしまいました。

 

何とか水没から復活したんですが、駐車場でエンジンをかけてしまってウォーターハンマー現象が起きてしまってエンジンがかからなくなってしまいました。

 

修理に出して復旧したんですが、道路でいきなりエンジンが止まったり、車の中もエンジンオイルの臭いとか泥とかで臭かったので、やむを得ず廃車することにしました。

 

長年乗った愛車だったので抵抗はあったんですが、高速道路とかでエンストして事故にあうよりはましだったので、買取業者で買い取ってもらいました。

 

トヨタの車は海外でも人気があるようで、クラウンは高く売ることができました。

 

次の車は新車は怖いので中古車で買うことにします。

 

国土交通省で水没の時の注意点を調べたんですが、バッテリーが上がってエンジンが止まった後は、エンジンを始動しちゃだめです。

 

水に浸った車両は、外観上問題がなさそうな状態でも、感電事故や、電気系統のショート等による車両火災が発生するおそれがありますので、以下のように対処してください

 

1.自分でエンジンをかけない。
2.使用したい場合には、お買い求めの販売店もしくは、最寄りの整備工場にご相談下さい。特に、ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)は、高電圧のバッテリーを搭載していますので、むやみに触らないで下さい。

 

海の水とかが混ざっていると、感電してしまう恐れもあるのでエンジンをかけるのは絶対にやめましょう。
本当に危険です!

 

参考:国土交通省 浸水・冠水被害を受けた車両のユーザーの方へ

 

冠水車をオークションに出した体験談

 

私は広島県に住んでいる会社員なんですが、先日の台風による大雨で冠水している道路で新車で乗っていたダイハツのムーブが水没してしまいました。
台風で渋滞していて、道路が海みたいになっていて、このまま生けるかなと思っていたんですね。

 

でも、前の運転手さんが突然降りてきて「おい、あぶねェから車降りろ〜!」と言われました。

 

仕方なく、ムーブはエンジンを停止にして、冠水したガード下の道路に置き去りにして一旦帰りました。

 

車のドアが中々開かなくて焦ったんですが、脱出用のハンマーが助手席の前の棚に入っていたのでそれで窓ガラスを割って脱出しました。

 

その後無事ムーブや復旧したんですが、カビや泥などによる車内の臭いや
車内やエンジンルームの泥汚れ、金属部分が錆びていました。

 

それに、シートベルトの汚れやパワーウィンドウの不調、エンジンの不具合など車の調子は悪くなっていきました。

 

しかたなにので、車のオークションというのに出してみることにしたんですね。
ヤフーオークションとかもあるんですが、私がやったのは車の買取業者が主催するオークションでした。

 

私の車は冠水がそこまでひどくなくて、エンジン内部まで水が入っているというわけじゃありませんでした。

 

そのため、オークションでもそこそこの値段がついて入札され、競ったあとに20万円ぐらいで売れました。

 

保険の車両保険が全損だったのでそこまで出なかったんですが助かりました。

 

 

【水没車・冠水車の査定基準】

 

水没車の価格はどれぐらい水没しているかによっても異なります。

 

一つの基準として、一般財団法人日本自動車査定協会(JAAI)が「水没車」の定義を示しており、その内容は「水没車とは室内フロア以上に浸水した車、または浸水の痕跡が複数確認できる車」となっています。

 

 

冠水車(フロアまで)……査定価格から30%減
冠水車(クッション上部まで)……査定価格から40%減
冠水車(ダッシュパネル上部まで)……査定価格から50%減

 

page top